かわいいブログ

フィクションです

西尾維新大辞展に行きました

 先日、松屋銀座で開催されている西尾維新大辞展へ行きました。開店と開場が同じ時間なので、開店・開場時間の1時間前の9時から入り口で並びました。私が到着した時にはすでに西尾維新の熱烈ファンが20〜30人以上は並んでいたように思います。

 9時20分を過ぎると店内へと誘導されました。ここで誘導してくれたのがおそらく大辞展のために雇われたスタッフとかではなく、松屋に常駐している店員さんだったのですが彼らの私たちオタクへのあたりが強く、ちゃんと指示通りに並んでいるのにきつい言い方で何度も注意してくるので、血の気が多い私はこの時点でかなりご機嫌ななめになっていました(もしかすると列後方にマナーのなっていない人がいたのかもしれませんが)。そしてエレベーターに押し込まれ展示をやっている階へ到着し、9時45分ごろ入場が許可されました。

 事前にインターネットで物販ブースへ行ってしまうと展示ブースには戻れないということを調べていた私は入場券を2枚購入していたので、まずその1枚を使い真っ先に物販へと向かいました。戯言シリーズの挿し絵を担当している竹さんのイラストが使われたグッズが大々的に出回るのはおそらく初めてなので古参オタクたちは竹絵グッズを買い占めます。連日、昼には公式ツイッターが一部竹絵グッズの完売情報を投稿しています。私はオタクをかき分けアクリルスタンドが売っているコーナーをどうにか見つけ出しました。しかしいくら探しても匂宮出夢くんのアクリルスタンドは売っていません。すぐにグッズの整理をしているスタッフさんに声をかけました。

私「すみません、匂宮出夢くんのアクリルスタンドはどこですか?」

スタッフさん「えー、(アクリルスタンドが売っているコーナーを物色する)、あ。ここにないのでもう本日ぶんは終了ですね」

 この時点でまだ開場10分前の9時50分でした。こんなむごい出来事があって許されるでしょうか? 私は許せません、なぜなら匂宮出夢くんは私が愛する2次元キャラのなかでもトップを争う地位に君臨するキャラクターだからです(対抗馬は北条そふぃちゃんです)。一応購入制限は1人3つまでとなっていましたがそもそも他キャラも置いてある数が少なそうだったし1人3つはどう考えても多いだろ西尾古参オタクの匂宮出夢くんクラスタがどれだけ匂宮出夢くんを溺愛しているかくらいわかるだろいやわかってくれわかってください頼みます匂宮出夢くんは私の中学時代が詰まっているんです青春なんです青春は西尾維新なんです……。

 匂宮出夢くんのアクリルスタンドは喉から手が出るほど欲しいですがまた言い方のきつい指示を受けて並ばされるのはいやだし、こじらせ古参オタクなので物語しか知らないような新参にわかが多い空間に行くのは苦痛で仕方ないため2度目の参戦はありません、おしまい。